外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが-熱销製品

外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが-熱销製品

報道

宮本佳林 卒業発表の理由は?ぼっちの仲間外れにされソロ活動!?

プロモーションの効果測定にもデジタルを活用したい 宮本佳林さんの卒業発表が出てしまいました。 ハロプロのJuice=Juiceのメンバーである宮本佳林(21)さんが6月にグループとハロプロからも卒業することが発表されました。 卒業する理由はジュースジュースのメンバーから...
article 外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが
ADDress社会圏パートナーとして提携を結んだ
2018年7月から観光庁審議官と内閣官房IR推進室審議官も兼務
報道

常盤貴子 誤植の原因は⁉スターウォーズ事務所に移籍!?

各地の旅行素材作りはDMO」という担当領域の大枠を示している 常盤貴子さんが誤植を発見しました。 所属事務所がスターウォーズになっていたのです! 現在の所属事務所である「スターダストプロモーション」からスターウォーズに移籍するつもりだったのでしょうか!? 誤植の原因を読み解い...
さらに企業保養所の他目的利用の規制が緩和されたことから
多拠点生活であれば関係人口を増やすことが可能」とADDressのプロジェクトに期待感を示すとともに
外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが
報道

大石昌良 静養する理由は病気!?声帯ポリープ手術からいつ復帰?

大石昌良さんが静養する事を発表しました!えっ!?何故?って感じですね。 静養する理由は病気なのかと調べてみると声帯ポリープの手術をするようです。 声帯に生じる炎症性のこぶのことです。歌手なので喉や声帯は大事ですからね。 ...
初号機はニュージーランド航空に引き渡す最終段階にある
私はこのサービスを無料体験できるプロモーション・コードをもらった
報道

外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが-熱销製品

清野菜名さんの美くびれインスタが話題になっています。 お腹を出したミスパンダ姿で腹筋が鍛えられているのが分かりますね。 ダイエットしてジムにも通って鍛えたのでしょうか!? いったいどのような美しいくびれなのかインス...
米国とイランとの緊張が高まっていることから
グーグルが観光版「スーパーアプリ」で描く未来とは? 1年間の動きを振り返って最新動向を分析した【外電】
報道

八田亜矢子が妊娠!夫(旦那)は寺口潤で東大出身の医学生でイケメン!?

八田亜矢子さんが妊娠したと嬉しいニュースが入ってきました。 2013年に結婚した相手の旦那さんは東京大学時代の同級生であります。 八田さんの夫(旦那)がイケメンの寺口潤さんで確定!? この記事では第一子を妊娠した八...
観光事業者やDMOはどのような対策を講じることができるのか
地元感情と観光客数の相関関係の分析で ―スキフト・リサーチ【外電】
報道

ダイヤモンド・プリンセス 運営会社や社長(名前/顔画像)も判明!

横浜に停泊しているダイヤモンド・プリンセス号のクルーズ船が全額返金したことで話題になっています! このダイヤモンドプリンセスの運営会社はどこで社長が誰なのか名前や顔画像も判明しました! また旅費や値段も調べてみましたので...
日本の「オンライン旅行の最新分析」から「国内OTAリーダーの議論」まで取材した
時代の変化が与える課題解決をテクノロジーで見出そうとするローソンのデジタル戦略とは?
訪日客の伸び鈍化で「2020年の訪日客4000万人達成」は厳しい現実に
報道

クルーズ船 全額返金は8億円!?何人乗りで1人いくらの旅行?

クルーズ船 全額返金を決めたようです! ダイヤモンド・プリンセスは何人乗りで1人あたりの旅行代金はいくらだったのか判明! 全額返金する運営会社はどこなのかや社長の名前も特定! 倒産や破損のリスクはないのかについても...
訪日客数の減少は「減退期」の到来ととらえるべきなのか? 観光政策研究者の山田雄一氏がその動向の捉え方や対応策について分析するコラム
観光協会とDMOは何が違うのか? 法人格の視点から意思決定プロセスの改善を考えた【コラム】
地元誌の記事分析によるオーバーツーリズム度の指標化を実施
報道

外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが-熱销製品

日本全国のJR券売機でクレジットカード使えないトラブルがの朝から発生! JRの自動券売機などでクレカが使用不可になった理由は何なのか!? システム不具合になった理由や朝9時半に復旧した...
今年もオンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」が開催される

外国人を泊める民泊に対するハードルは低かったと思うんですが-熱销製品

世界の観光地で懸念されているオーバーツーリズムについて聞いた

Copyright© salttoday.org